バイトバランス

バーのバイトの仕事内容と時給は釣り合っているのか?

仕事内容と時給は釣り合っている

 

バーのバイトの時給は考え方次第ですが合っていると思います。

 

言ってもお水の仕事ですので、忙しいときもあれば暇なときもあります。そしてバーで働いていると色んな人に出会えるというメリットもあります。それでお金ももらえるのならば問題ないのではないでしょうか。

 

そう考えると仕事の醍醐味もありますので、他の仕事よりかは中身も濃いし、得られるものも大きいと思います。色んな人とお話しして人生の勉強にもなりますよ。

 

真面目にやっているとカクテルも教えてもらえるかもしれません。覚えたらカッコいいです。

 

バーの仕事の時給は地方にもよると思うのでざっとですが、850円から1000円くらいがちょうど良いのかなと思います。

 

お店によるかとは思いますが、仕事内容と時給は釣り合っていたと思います。

 

そう思う理由としては、お酒の種類や作り方を覚えることが出来るのでプライベートでもおいしいお酒を自分で作って飲めるようになることと、元々色々な人と話すことが好きなので普段だったら全然会話することのない方々とも仲良くなれ色々な知識を身につけることが出来るからです。

 

他のバイトと比べると、グラスが空いていないか灰皿はいっぱいではないか、常に気を張ってお客様の様子を見ながら声をかけられる前に自分から声をかけたり気を付けておくべきことは多いと思いますが会話する機会が多いので楽しいです。

 

仕事内容に相応しい金額としては最低でも時給1000円あれば、やりがいもあるし好きな仕事なので私は満足します。

 

これからバーで働いてみようと思ってる方にアドバイス出来ることは、お酒が飲めない方はやっぱり辞めた方がいいということとお店の雰囲気を一度飲みにいき確かめておくことをオススメします。

 

アルバイトを時給950円でやっていました。

 

お店自体はバーということもあってかそこまで忙しいと思ったことはなかったです。さらに、スタッフ同士の仲もよく、閉店後はスタッフで飲んだり、カラオケに行ったりとよく遊ぶ関係でもありました。

 

しかし、礼儀や態度などにはとても気を使いました。私はいつも猫背になってしまいます。そこを一番注意されました。猫背は見た目が悪くなってしまうということで最初は毎日注意されてましたが、しばらくしてからは猫背がなおり、お客様にも雰囲気が変わったと言われました。

 

バーは見た目や礼儀作法も必要になってくる場だと思います。しかし、仕事内容はさほど辛くもなく、楽しく出来ると思います。

 

時給と見合ってるかと聞かれたらもう少し低くてもやりたいと思えるほどだと思います。

 

時給は安い

 

いまから三年ほど前に盛岡のバーでバイトをしました。その当時の最低時給は650円で、わたしは800円でバイトをしていました。ただ、いま思うと深夜の割り増し賃金もなく、仕事内容から割りに合わないと感じています。

 

仕事内容としても、覚えるカクテルやウイスキー、スピリッツの種類や特徴、作り方なと、フードのスキルや、さらに雰囲気作りのスキル、お客さんへの接客対応など。求められるスキルが高い割りには、時給が低いのではないかと感じます。

 

居酒屋でももっと割りのいいバイトはありますし、稼ぎたいと意気込むひとには向いていないと思います。

 

この仕事が向いているひとは、純粋にお酒が好き、バーが好き、というその仕事内容そのものに価値を見出だせる方だと思います。

 

仕事内容と時給は正直釣り合っていないと思います。

 

そう思う理由はお金を貰えない時間が多いしお酒を飲む仕事なので毎日の様に酔い潰れて仕事の後もお客さんに付き合わなければならなかったり本当に好きじゃなければなかなか続けられない仕事です。

 

他のバイトと比べても身だしなみや仕草に気を使ったり、お客さんのことを事細かに覚えていなければならなかったり、暇な時間は新規のお客さんを探したりかなり厳しい環境な気がします。

 

仕事内容にふさわしい時給は1200円はもらっても良いんじゃないかと思います。

 

お酒も覚えられてかっこいい職業だけどその分長時間労働だし覚悟が求められる仕事です。ただ普段関わらない様な人達の話を聞いたり知識を得たり他のバイトでは絶対手に入れられない様なかけがえのない思い出を手に入れられます。

 

店による

 

バーの仕事量に対して時給は釣り合っているか。正直「店の特色と自分の性格が合っているか」によると思います。

 

私が働いていたバーは基本給1000円〜1200円、深夜手当がつくところもあれば基本給を高くしている代わりに深夜手当はつけない。なんて店もありました。
店のコンセプトというか「色」みたいなものが、がっつりお客様と話してドリンクをスタッフが貰い単価を上げる、オーセンティックなお店ならいかに質の高い商品を提供できるか。本当に様々です。

 

私はずっと飲食店勤務でしたが正直接客(お客様と長時間話す)事が苦手だったので、仲良くなって単価を上げる系のお店では「時給これくらいでこの仕事量か…」と思った事もありました。

 

代わりにオーセンティックなお店ではカクテルの種類、リキュールの由来、お客様の今の気分の見極めなど勉強すればその分やりやすい部分はあったのでそちらの方が自分の性に合ってるなぁと感じましたね。

 

なので時給が釣り合っているかはどうかは「働く前にどういう店なのかを見極める事」「働いてから合ってないと感じるなら迷惑になる前に早めに辞めて自分に合った店を探す。」のが大事だと思います。

 

ただ時給が高ければ高いほど求められるスキルは変わってくるのでそこはきちんと自分で考えて決めないといけない部分だとも思いますね。

 

バーのバイトをやる覚悟ができた場合のみタップしてください