バイトバランス

本屋バイトの仕事内容と時給は釣り合っているのか?

仕事内容と時給は釣り合っている

 

本屋のアルバイトの給料は、洋服や雑貨や食品の販売などと比べると安いですが、仕事内容からすると妥当ではないかと思います。

 

書店によって違うとは思いますが、本屋のアルバイトがする仕事といえば、本の検品や補充やレジだと思います。本は重いので力仕事ではありますが、慣れればそれほど大変ではありません。

 

接客は問い合わせがあれば答える程度で、自分からお客さんに声を掛けて売ることもないですし、レジもスーパーみたいに長蛇の列ができることはほとんどありません。食品のようにクレームが多くくるわけでもないですし、他の仕事と比べると特にこれといって大変なことはないと思います。

 

そう考えると時給が安いのも仕方がないのではないかと思います。

 

本屋バイトの時給は仕事内容と釣り合っていると思います。なぜなら、接客小売業としてはどこにでもあるようなバイトだからです。

 

おそらく地域によって差はあれど、時給700円から1000円というところだと思いますが、商品である本の陳列や訪れたお客の対応、販売などはその時給に見合った仕事であると思います。

 

他のバイトにくらべても、業務内容が特殊であるというわけでもなく、むしろ本好きには色んな本の情報が知ることができて良いのではないかと思います。仕事内容に適した時給はだいたい今のままで良いと思いますが、まあ、欲を言えば仕事ができる人は時給を上げてあげればいいんじゃないかなと思います。

 

本屋バイトをしたいという方は参考にしてみてください。それなりに楽しいですよ。

 

本屋のバイトは、本好きには堪らない仕事ですが、思った以上に大変なことも多いです。

 

曖昧なタイトルやざっくりした内容で会話をしながら本を探すような対人スキルや検品等で箱を抱えたりとといった体力を求められたりもします。ただ、欲しいものを見つけた時、薦めた本を買って貰った時の達成感は、なかなかのものであるといえます。

 

本屋自体の時給は、微妙に低かったりする印象が有るバイトのように見受けられると思うですが、様々な年齢層の方と本を通して会話を楽しめますし、自分が手にして楽しめた本を人に薦めて買ってもらう経験もとても良いものです。

 

時給の何十倍の価値のある面白いバイトなので、是非とも働いて欲しい仕事としてお奨めします。

 

時給は安い

 

書店は年々減り続けている衰退産業なので、時給は期待しない方がいいです。場合によっては業績不振を理由に何年も時給が上がらないなんてこともあります。実際、私は3年間据え置きです。

 

仕事自体は難しくはありません。レジもポス化が進んでいるため、昔のように商品知識も必要ありません。ただし、お客さんからの問い合わせは多岐にわたるので、対応には苦労します。人当たりが良くないと、お客さんとのトラブルが発生して嫌気がさす可能性があります。

 

体力的には基本的には立ち仕事なので、足腰が丈夫なら大丈夫だと思います。飲食店とは違い、衛生面でそれほど気を使うことも無いし、コンビニのように物凄く業務が複雑でもないので、本が好きならば長続きすると思います。ただ、稼ごうと思ったら他のバイトの方が効率がいいとは思います。

 

書店のアルバイトの時給は安いと思います。学生アルバイトやパートさんで、書架の整理かレジ業務だけならば妥当だと思いますが、フルタイムのフリーターで働くにはあまり条件が良くないと思います。

 

毎朝、書籍が入荷するのですが搬入にかなり力を使います。あたりまえですが、本入りの箱を何個もコンテナから下ろすのでとっても重いです。腰の弱い人は注意が必要です。

 

肉体労働に近い割りに自給が1,000円に達しないので、よほど本が好きでない限りキツイかもしれません。最低でも1,000円くらいもらえれば十分かなと思います。

 

ただ、書店の仕事は本好きにはたまらく楽しいので、体力に自信があって、お金よりやりがい!と割り切れる人なら楽しく働けると思います。

 

数年前になるが駅前の本屋でアルバイトをしたことがある。時給は750円。他のスーパーのレジや、喫茶店のほうがもっと時給は良かった。

 

本屋は一般的に時給が低めだと思うし、仕事内容から考えても釣り合っているとは言えない。仕事内容からすれば、850〜900円位はあって良いと思う。

 

だって本屋が他のレジより楽なんてことはない。実際に働いてみると、レジ以外にも棚の整理などの肉体労働も加わり、何よりあやふやな記憶で訪れるお客様の注文に応えなくてはならない。これにはコミュニケーション能力と推理能力、インターネットでの検索や在庫確認などの調査能力、なにより書籍の広い知識が必要だ。

 

私も本は好きだが、毎回先輩の素早い対応には感心していた。タイトルも著者名もわからないなんて、自分が読んでいたり、内容を広告や書評で把握していなければ難しい。

 

その先輩も、毎月バイト代のかなりの額を働いている本屋で使っていた。本屋のアルバイトには本が好きな人が集まってくる。自分もそうだったけれど、本に囲まれて働きたいから、もっと高い時給のアルバイトよりも本屋を選んだ。逆にそれだから、なかなか時給も高くならないのかなと思う。

 

もちろん色々な経験ができるし、時給が安くても本屋で働くのが夢という人を止めない。新刊を並べる楽しさ、それを売る喜び、割引価格で買えるお得感もある。もっと本が読みたくなってバイト先にお金を払ってしまうけど、それも幸せってやつなんだ。

 

本屋バイトをやる覚悟ができた場合のみタップしてください