バイトバランス

パン工場バイトの仕事内容と時給は釣り合っているのか?

仕事内容に対して時給は高い

 

はっきり言ってこのバイトはおすすめするのはためらいます。労働と賃金という単純な因果関係から見ると、何もそこまで毛嫌いする必要も内容に思われます。なぜなら、夜勤一回でなかなかのバイト代になるからです。

 

夕方から翌朝まで12時間ほどの拘束時間で、休息は1時間半ほどあったように記憶しています。大学生の私としては体力的にも不可能ではありませんでした。一度の夜勤で1万以上は稼いだ記憶があります。大学生にしてはなかなかの収入源でした。

 

ただし、冒頭にも書いた通りおすすめするのをためらうのは、やはり労働のキツさにあります。肉体労働であることに加えて、単純労働を数時間ぶっ通しで行うことは精神的にきつかったです。巨大なオーブンに油をモップで数時間塗り続けたりしました。なかなか心にこたえました。翌日は体も心も萎えました。少なくとも個人的には、時給が安くとも他の仕事を当たればよかったと感じながら働きました。

 

これからこのバイトを考えている人は、人間であることを一日忘れれば問題なくバイトを行い収入を得られるでしょう。

 

学生時代に近くのパン工場で働いていましたが、深夜の時間帯だったので時給が1200円で8時間働けば1万円近く稼げたので学生としてはすごくよかったです。

 

仕事内容はパン工場の機械で作られたものを最終的にダンボールに詰める仕事でしたが、単調な仕事だったので誰にでもできますが、深夜に8時間やるのは単調すぎて辛かったです。

 

単調な仕事内容からしても時給はすごくいいと思いますが、同じ作業をもくもくとやる仕事なので、根気強く地味な事をできる人じゃないと続かないと思います。僕は週二回バイトに入っていましたが、一年ほどで続けるのが嫌でやめました。

 

バイトにやりがいを求めずにただお金を稼ぐと考えればとても良いバイトだと思います。

 

一口にパン工場といっても、パンにもいろいろ種類があります。食パン、菓子パン、総菜パン、和菓子や洋菓子までも取り扱っている企業もあります。それぞれ製造するパンの種類ごとにラインが分かれています。

 

某パン工場ではライン(パンが流れてくるベルトコンベアー)の高さに合わせて、勤める社員、パート、バイトの皆さんの身長もほぼ同じくらいになるようにしています。
というのも、作業するにあたり腰への負担を考えて、そのようにしているのです。仕事の内容は様々ですが、まずは立ちっぱなしになる可能性は高いです。腰まわりに不安を感じる方は避けた方がよいかもしれません。力仕事はそれほど多くはないです。

 

さまざまなパンの種類を発見したり、作り方に楽しさを感じることも多いはず。工場の中はおいしいにおいが充満しているので、空腹で仕事に取り組むのは苦痛かもしれませんね(笑)。

 

時給に関しても恵まれています。パンだけでなく、洋菓子・和菓子なども取り扱う工場であれば、それなりに高額になるでしょう。季節やイベントごと(例えば雛まつり、子どもの日、お彼岸、クリスマスなど)に夜を徹して製造することもあり、その場合は夜勤手当もでるかもしれません。

 

工場が近くにあるのなら、ぜひおすすめしたいバイトのひとつです。または短期で繁忙期のみ入るといったことも可能かもしれません。作業としては単純作業なので、もくもくと作業をしたい人にはうってつけです。

 

工場バイトの中でも「パン工場」の場合は、あまり重いものを運ぶ必要はないから男性も女性もたくさん働いているよ。

 

基本的には昼勤務と夜勤務にわかれているんだけど、夜間は男性が多くて、昼間は女性が多く働いている傾向があるよ。生地の成形やクリームなどの仕上げ、包装して仕分けを行うのは昼勤務でも夜勤務でも内容は同じなんだ。でも夜勤務の場合は夜間手当がついたり、基本給が高く設定してあるからがっつり稼げるよ。

 

給料以外にも、勤務者のみが直売でお得に菓子パンを買える仕組みがあったり、仕上げにちょっと失敗して売り物にならない菓子パンをもらえたり、菓子パン好きにはたまらない環境ともいえるんだ。

 

勤務用の作業着を着用しなくてはいけないし、工場内に入る前に手を洗ったりホコリをとったりしないといけないので、少し余裕をもって出勤する必要があるよ。

 

釣り合っている

 

パン工場のバイトの仕事内容と時給は、釣り合っていると思います。

 

例えばコンビニで販売されている、パン一つの平均的な販売価格は、120円前後だと思います。そして、パン工場のバイトの時給は、私は900円でした。そうして考えてみたときに、とにかく数をこなして、ひたすらパンの製造に関わっていました。

 

他のバイトと比べて、悪くはないと思います。頑張れば時給も上がりますので。ですので、ふさわしい時給は最低900円からでいいと思っています。

 

工場勤務は大変なイメージが強いかもしれません。もちろん楽ではありませんが、実際に関わった商品が店頭に並んだりしているのを見ると、嬉しくなりますし、さらにやりがいを感じる仕事だと思っています。

 

わたしが働いたところは最低賃金と同じくらいの時給でしたが、まあそんなものかな、という感じでした。基本的に単純作業ですし、専門的な知識とか特別な技術も要らないからです。

 

ただ、立ちっぱなしだし、機械の動く轟音の中で仕事をし続けるので、意外と肉体的にキツかったりします。

 

また、作業が始まれば何時間もほとんど誰とも口をきかずに連続で同じもの(パンとベルトコンベヤー)を見続けますので、そういうのが苦手な人にとっては精神的にもキツいと思います。そういう点から考えれば、時給がもう少しよければ続ける人も多いだろうなあ、と思います。

 

それから、パン工場でバイトするなら、集中力とスピードが重要です。モタモタしてたり、ボーッとしてるとパンはあっという間にベルトコンベヤーに運び去られます。そうすると一緒のラインで作業している人全体に迷惑がかかるので、注意です!

 

パン工場バイトをやる覚悟ができた場合のみタップしてください