バイトバランス

カフェバイトの仕事内容と時給は釣り合っているのか?

仕事内容に対して時給は高い

 

カフェバイトの時給は都市によっても異なると思いますが、東京では、1100円〜1200円くらい、地方だと800〜850円くらいのようです。

 

東京の1100円〜1200円というのは、他のバイトと比べるといい時給であるように感じます。東京の居酒屋のバイトが1000円〜1200円くらいとのこと。居酒屋のバイトの方が、酔っ払いに絡まれたり、深夜までの仕事であったり、ビールケース、樽、重たいジョッキなど重労働もあり、居酒屋に比べると、カフェのバイトの方が楽なのに、時給が高かったりするのは、美味しいと仕事だと思います。

 

制服もかわいいものをきて、綺麗な仕事というイメージなので、女性には、いいかもしれません。ただ、余ったものをもらえたりすると、太ってしまったりなんてことも考えると、嬉しいような、余りものを断れる精神力がないと大変なことになりそうですね。

 

釣り合っている

 

コーヒー専門のカフェで働いていました。こちらが田舎ということもありますが、時給は決して高くなく、750円ほどでした。仕事の内容は、お客様の注文を受け、簡単な軽食の調理と配膳、レジ打ちなどでした。

 

カフェのメリットは、コーヒーなど専門的な知識が身につくところだと思います。また、ファミレスやその他の飲食店と違い、落ち着いた雰囲気も魅力の一つですね。個人的には、馴染みのお客さんが来るので、顔なじみになれば、挨拶など会話を楽しむのも良いと思います。

 

カフェが好きな人には、時給以上にメリットがたくさんあると思います。私自身はコーヒーがとても好きで、なおかつコーヒーカップやお皿などにも興味があったので、とても楽しく働いていましたよ。

 

場所にもよると思いますが、そこまで仕事も汚くないし辛くないので、時給には不満はありません。

 

人と話すのが好きな人、自分自身がカフェを好んで利用する方は、少々お客さんが多くて忙しいバイトであっても、文句はあまり出てきません。

 

主婦になって思うことは、家事で同じことをしていても報酬は得られませんが、不特定多数のお客さんにサービスすることによって報酬を得られることは、社会人になるにあたって大切な経験だと思います。

 

もちろん、カフェ内やトイレの掃除、洗い物までまかされることもありますが、どちらにしてもカフェを運営していく上で必要不可欠なことです。もし、自分でカフェを起業するなら、最低限必要な仕事が目に見えて分かりますし、食べたり飲んだりすることは、人にとって楽しみのひとつでもあります。

 

時給は、店舗によって違いますが、まかないを出してくれたり、お客さんから頂いたものを分けていただいたりと楽しいこともたくさんあります。時給は、レジと変わらない所が多いですが、お客さんと話すことで得られるお金では買えない大切なこともたくさん得られます。

 

迷っている方は、一度試してみる価値が十分にあるバイトです。

 

カフェのバイトは時給に釣り合っていると言えます。カフェのアルバイトはだいたいその地域の最低賃金ぐらいであることが多いです。

 

その理由は、カフェのバイトは時給が低くてもアルバイトしたい人がたくさんいるからです。時給は需要と供給で成り立っている部分もあるので、時給が低くてもアルバイトの募集は集まります。実際に女性がしたいアルバイトの中でカフェはとても人気があります。逆に時給の高いお仕事は皆があまりしたがらないお仕事である場合が多いです。

 

また、もう1つの理由はマニュアル化された簡単な接客である場合が多いからです。マニュアル外のことは、店長等に確認してからとなるので、そのときにアルバイトが判断したり、責任を負わなくていいからです。

 

時給は安い

 

私は時給800円で大手コーヒーチェーンでバイトをしていたことがあります。その時給は半年働いたら850円にアップしましたが、それでも仕事の内容に対してこの時給は安すぎると憤慨していました。

 

そのチェーンでは、メニューを自分ですっかり覚えて、ドリンクもフードもきちんと作ることが出来るようにならなければいけません。

 

そして人数が少ない時間帯は一人でレジ打ちからドリンクやフードの調理までこなしますが、込み合う時間帯にはレジ専用の人、ドリンクや調理をする人と仕事の分担をしなければいけなくて、そういう分担で仕事をするのもなかなか気も遣うし頭も使うし体力も使うと言う感じがしました。

 

5時間バイトをするなら、5時間ずっと立ちっぱなしです。

 

とっても疲れますが、カフェの店員は笑顔が売りですから、いつも笑顔を絶やさず、少しでも暇があればフロアやテーブルなどを綺麗にしたり、とにかく休み無く働いて時給800円から850円と言うのは安すぎたと、今でも思っています。

 

カフェバイトの仕事いえば、ウェイターと調理(補助)だが、特にウェイターについて考えてみたいと思う。

 

結論から言えば、お店の規模や格付け(メニューが高級、一般的、格安)や集客数を抜きに考えても、時給は安いと思う。なお、時給は1,000円として考える。

 

まず、ウェイターの具体的な仕事だが、「オーダーを取り食べ物飲み物を運ぶ」だけならば高給取りであることは否めない。しかし、彼らは、「笑顔や声色を作り、客を不快にさせず、むしろ機嫌よくさせる」ように努めなければならない。

 

この仕事と工夫は、8時間以上労働して日給10,000円以上(時給換算1,000円超)の会社員(営業マン、受付嬢などなど)となんら変わりはない。こうした単純比較をしてみても、カフェバイトの時給は安いといえるだろう。

 

カフェバイトをやる覚悟ができた場合のみタップしてください