バイトバランス

花屋バイトの仕事内容と時給は釣り合っているのか?

仕事内容と時給は釣り合っている

 

花屋のバイトは長く続けると金銭的には辛いと思いますが、本当に自分のスキルになる職業だと思いますので、自分を高めたい人にはうってつけのバイトだと思います。

 

まず器用になる。細かい作業が多いので、その分器用になっていきます。最初は不器用でも慣れてくると単純な作業なので、特に苦になる事はなくなります。なんだかんだいって、そのうち器用な手になってきます。その器用さは、花だけでなく料理にも役立つようになりました。

 

そして気温。気温は冬極寒。夏、クーラーかけても花は弱っていって気苦労が半端ないです。ただ、本当に寒さに対しては麻痺してくるのか、多少は平気になってきます。オフィスでぬくぬく過ごしているOLよりはるかに強い体になります。その分自分を温めて癒す事を勉強して、それを周りにも教える事ができます。花屋のバイトを長く続けた事がある私は、その期間に風邪を引いたのは、慣れるまでの1年でした。

 

時給は安いし、繁盛記はとんでもなく忙しいですが、お客さんと接していていろんな感情になる職業はあまりないと思います。プレゼント、お祝い、プロポーズ、告白、お悔やみ、葬儀。いろんな用途で花は買われていきます。うまくいったプロポーズには、お礼を言いに来てくれたカップルも居ましたし、お悔やみだった方は毎回、ご命日などにきてくれて、その後の話もしてくださいます。

 

時給は安く、いろいろと厳しい花屋ですが、他の仕事にはないステキな部分がいっぱいあります。私はこの仕事が大好きでした。時給と釣り合っていないかもしれない安いバイトかもしれませんが、得るものは多いと思います。

 

学生時代に花屋でバイトをしていました。正直時給はあまりよくありませんでしたので、ただ単に仕事としてみるならばあまり割に合っていなかったと言えるかもしれません。

 

花屋の仕事は基本的に肉体労働です。重いものを持ち上げたりすることも多く腰に負担もありますし、土をさわるので汚れます。また、寒い時期にも水を使う仕事も多く、辛かったのを覚えています。そのために手も荒れました。また、外で仕事をすることも多く、季節によって暑さ寒さを我慢せねばなりませんでした。そして接客業なのでいつもお客さんの目を意識している必要もあります。

 

ただ、私は花や植物が好きでしたので、好きなものを仕事にできるという嬉しさがあったので仕事としてできたのかもしれません。そうではない人にとっては割に合わないのと思うので、花や植物が好きかどうかが選ぶポイントでしょう。

 

私はお花がとても好きだった事もあり、半年ほどお花屋さんでバイトしていた経験があります。

 

仕事内容はお花屋の手入れや、お客様の要望にそって見繕ったらなどでした。時給は800円程度だったと思いますが、私はお花が好きだった為時給などに不満を持った事はありません。

 

お花に興味がないと言う人にとってはちょっと安いと思われるかもしれませんね。他のバイトなどと比較してもやや安いほうではないでしょうか。知識や経験、技術などがあればもっと時給が高くてもよいのかと思います。

 

私はお花が好きでしたが、技術や経験などはなかった為、時給に不満などを感じる事なく楽しく仕事をしていましたね。お花屋さんに勤めている人は、きっとお花が好きで働いていると思うので、あまり時給などに不満を持っている人は少ないのではないでしょうか。

 

時給は安い

 

花屋で働くにあたって、必要なスキルはレジ打ちや包装といった基本的なことだけではありませんでした。

 

花の名前を覚えるのははもちろん、その品種にあった水やりも覚えなくてはいけなくて、覚えるのが苦手な私にとってはとても大変だった記憶があります。

 

冬場は外に置いてある花や苗の世話もしなくてはいけないのも厳しかったです。色々覚えさせられた割には、時給が低かったと思います。

 

また、同じ時間帯に3人以上あるということがなかったので、ラッピング待ちのお客様で列を作ってしまった時は、対応が大変でした。

 

花が大好きという人にはぴったりな仕事だと思いますが、そうでもない人にとってはちょっと大変なバイトだと思います。

 

結論から言えば花屋の時給は他のバイトと比べても安いと思います。

 

労働的な面でいえば、ずっと立ちっ放しであるし忙しければずっと接客しっ放しです。花の入荷があれば水揚げという処理作業もあり、依頼があればアレンジメントや花束の製作もします。商品が売れたらレジ打ちもします。

 

商品が花とはいえ枝モノや鉢モノは結構重量があり持ち運ぶのも大変な時もあり肉体労働もあります。

 

同じようにコンビニのバイトやファストフードなどの接客と比べると仕事量も多いですし何よりもお客様の要望を、お伺いし満足出来るような商品を提供しなくてはいけないので多少のクリエイティブな感覚も必要かと思います。毎回同じ商品、同じ要望がある訳ではないのでマニュアル通りに仕事をすれば良い商品が提供出来るわけでもないので仕事にも工夫が必要かと思います。

 

以上の理由から、仕事内容が多岐に渡っているので時給も1000〜1200円程度はあっても良いかと思います。

 

花屋の仕事内容と時給ははっきり言って釣り合ってはいないと思います。小さい個人経営の花屋だと最低賃金を下回る所も少なくありません。三軒の花屋で働きましたが個人経営の花屋は最低賃金を下回ってました。

 

大きな花屋になると、ほぼ休みなしです。週2日休みがあればいい方で母の日やお盆など忙しい時は夜中まで働くのもよくありました。忙しい時は確かに給料もよかったのですが、それでも夜中まで働いてるのを考えると安い気もします。

 

ただ、他のバイトとは違い手に職がつくのでやりがいは充分あります。転職も案外簡単だったりします。個人経営の花屋だと一人で任せられるのでのんびり出来る所もあります。

 

ただ、時給は出来れば900円以上はあってもいいと思います。時給や休み・働く時間にこだわらない人には向いてると思います。

 

花屋バイトをやる覚悟ができた場合のみタップしてください