バイトバランス

ライブハウスバイトの仕事内容と時給は釣り合っているのか?

仕事内容と時給は釣り合っている

 

私は過去に2年ほどライブハウスでバイトをしていた事があります。

 

当時私はバンド活動をしていた為、よくそこのライブハウスを使用していました。ライブハウスのオーナーさんとも仲良く、そこでバイトをさせてもらう事になったのです。

 

仕事内容は主にライブハウス内の清掃、楽器や機材の手入れやお客さんにドリンクなどを作るなどと言った仕事内容でした。

 

私は楽器などは好きだった為、手入れなどは楽しく作業できたのですが、ライブハウスはとても広かったため清掃がとにかく大変でした。ライブ後の清掃などは特に汚れていて、従業員も少なかったからです。

 

給料などはさほど高くはなかったのですが、音楽に関わる仕事だったためさほど気になりませんでした。

 

時給は安い

 

普通に働く感覚では、時給も待遇も釣り合っていません。当然のごとくやめる人も多い。

 

他のバイトと比べて、ライブハウスは中小零細規模がほとんどで儲かるよりも音楽に携わる人たちのこだわりや思いで成立している業態が多い世界なのだからだと思います。

 

なので、雇う側も働く側も、普通のバイトみたいなかんじでなく個性的な人が多く、その環境が肌に合うかは、勤めて見なければわからないです。

 

この仕事内容にふさわしい時給はひとによります。無料でもやりたいそんな人もいます。たいがいの場合ははっきり言って安いです。

 

給料が安くてもライブ業界が好き!職場の独特な雰囲気が会う!そんな人は居心地がいいです。だた、ライブに興味がない、関係者と馬が合わない場合、薄給で時間的の拘束も長く、趣味と仕事の線引きもあいまいなので、とてもつらい場面が多いと思います。

 

業務は、たいていの場合、バイトだからといってこと細かくその仕事だけやるのでなく、もぎりも販売もホールも入場者案内も演者のアテンドなど、なんでもやることになります。

 

なので、いろんなひとと会えたり特殊な経験ができることが楽しいと思うような人でないとかなり苦になると思います。

 

バイト検討中の方へ。

 

演者さんも関係者もいろんな人がいるので、そういうことでもまれることも楽しめるひとは本当にたのしいし、充実感がある素晴らしい仕事。

 

結論はお金を求めるだけの人はNGな仕事だけど、経営者やお客さんとの趣味性が会う人で長時間の拘束も苦にならないひとにとってはとても居心地の良い職場になります。

 

ライブハウスのバイトは時給が他のバイトと対して変わらず、仕事内容はかなりきついです。

 

ライブが始まる前も後もテンションの高い客が多く、仕事なので諌めても聞く耳持たず、逆ギレされることすら割りとあります。

 

ライブが始まる前には名前・目当てのバンド確認・グッズやドリンク販売を3・4人で数十から数百人に急いで行う必要がありますし、ライブが始まってからもグッズやドリンクなどの補充、機材の運搬など、重いものを運ぶ事が多く、ライブが終わった後もグッズ販売と清掃があります。

 

ライブ会場内の警備はしてませんが、そっちもそっちでテンションの高まりきった客が押し寄せてくるので、体力勝負で大変という愚痴はよく聞きました。

 

忙しさと疲労でライブの音を楽しむ余裕もないですし、盛り上がるとアンコールがあって更に拘束時間が長くなりますし、その上時給900円行かないと、全く割に合いません。

 

私は短期バイトでしたが、長く続けるのは絶対にごめんです。体力と時間が有り余り、バンドやライブが何よりも好きで、最悪終電逃しても構わない人でもないと、おすすめできないバイトです。

 

慣れるまで耳がキーンとなります。

 

私はプロのライブの時だけの臨時でしたが、他の方達は毎日シフトに入っていました。ほとんどの方がご自身もバンドなどの音楽活動をされていて平日にはバンド出演もしていました。

 

主な仕事は、何でも屋さんですね。掃除、洗い物、グッズ販売、チケット切り、誘導、整列、入場案内、館内アナウンス等です。

 

良く、プロの演者さんにサイン貰って?と言われたりしますが、あまり接する事はありません。スタッフパスを付けているだけで、プレゼントを渡して欲しい等のお願いも受けますが、マネージャーさんに渡したり、入口にある差し入れ置き場に置くだけです。打ち上げ参加などもありません。

 

ミーハーな気持ちでは無く、本当に音楽が好き、自分もステージに立ちたい…と言う様な方にはオススメですが、○○さんに会いたいから…と言う感じでは務まらないと思います。

 

汚い話ですが、飲んで暴れたお客様の吐瀉物の片付けなんかもする時があります。

 

ライブハウスでのお仕事は、まず掃除、出演するアーティストのサポート、PAさんのサポート、ステージの管理、楽屋の管理、ライブハウススケジュールの管理、ドリンクカウンターでの飲み物作りなど意外とたくさんやることがある。

 

臨機応変に対応できるか、忙しい時に周りをよく見て気を遣えるか、アーティストやほかのスタッフさん達の欲してることを先回りしてできるか、という能力が必要になってくる。

 

その分、未来のスーパースターや有名アーティストと出会うことが出来るので、やりがいはある。人との関わりが重視されるわりに感謝の言葉はあまり聞けないかもしれない、縁の下の力持ちのような存在になれる。

 

時給は正直、決して高くない。いいところで900円ほど。それ以下の場所がほとんどで、お金を稼げる仕事ではない。もう少し高い方が割に合うだろう。

 

私の県の最低賃金が低いとうこともあるかもしれませんが、仕事内容に対してもう少しお給料が高くてもいいのでは、と思います。

 

イベントがある際は普段と比べ物にならないくらい人が入りますし、その分忙しくなります。また、すごくうるさいですし、酔った人も多いので、女の子におすすめできるアルバイトではありません。

 

クラブミュージックが好きだったり、人と話すのが好きだったり、お酒を飲んで悪絡みしてくる人に抵抗がない方にはおすすめです。

 

時間帯が遅いので時給は高めに設定されていますが、それでも作業内容を考えると低い気がします。

 

ライブがある際は、ライブのセットなどにも何人かまわされてしまいますし、その分ホールが忙しくなります。

 

ライブハウスバイトをやる覚悟ができた場合のみタップしてください